株式会社風間建築事務所WEBコンテンツ「広いウッドデッキを擁した、田園を見渡す大屋根の家」公開

DSC_8418-Edit
The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住のフリーランスの編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。紙・WEB問わずコンテンツ制作を行う。

株式会社風間建築事務所様のWEBサイトの「OWNER’S VOICE」カテゴリーにて、Daily Lives Niigataで取材・制作させて頂いた記事「広いウッドデッキを擁した、田園を見渡す大屋根の家」が公開されました。

DSC_8577-修正

新潟市西蒲区旧巻町は、新潟市中央区まで車で30分程度で行ける距離でありながら、のどかな田園風景が広がるちょうどいい田舎。

そばには巻のシンボル・角田山がゆったりと佇んでいます。

今回取材をさせて頂いたO様邸は角田山の裾野に立地。

北側の窓には大海原のような田んぼが広がり、西側の窓からは角田山が望め、南側には広いウッドデッキと芝庭を擁しています。

DSC_8476-Edit

ラフさや遊び心を随所に取り入れつつも、統一感のあるコーディネートがなされており、さらに自然を身近に感じられる心地よい住まい。

一級建築士・風間広大さんの感性により、穏やかな時間が流れゆくカントリーライフを満喫できる住空間が完成していました。

DSC01740-Edit
株式会社風間建築事務所 代表・風間広大さん

お引き渡しは4月下旬の緊急事態宣言下。しかしながら、包容力のある住まいで、O様家族はストレスのないSTAY HOMEを送られたのではと想像しています。

DSC_8546-Edit-Edit

何と言っても深い庇に守られたウッドデッキが魅力的です。私なら、暖かい時期はダイニングセットをデッキに出して、3食外で食事を楽しみたいと妄想しました。

DSC_8559-Edit

記事はこちらから→「広いウッドデッキを擁した、田園を見渡す大屋根の家

The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住のフリーランスの編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。紙・WEB問わずコンテンツ制作を行う。