株式会社風間建築事務所WEBコンテンツ「程よい距離の3世代同居。風と緑を感じるデッキで憩う」公開

繋がる二世帯住宅-30
The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計500軒以上の住宅取材を行う。

株式会社風間建築事務所様のWEBサイトの「OWNER’S VOICE」カテゴリーにて、Daily Lives Niigataで取材・制作した記事「程よい距離の3世代同居。風と緑を感じるデッキで憩う」が公開されました。

繋がる二世帯住宅-49

新潟市秋葉区の住宅街で、築40年超の家を建て替えたSさん家族。

昨秋完成した新居に見られるのは、オークのフローリングに造作洗面台、スウィングドア…。風間建築事務所らしい要素が散りばめられた二世帯住宅ですが、やはり注目すべきは、居心地抜群のウッドデッキでしょう。

繋がる二世帯住宅-21

6畳の広さを持つウッドデッキは、しっかりと屋根が架かった快適屋外空間。

繋がる二世帯住宅-25

世の中にウッドデッキがある家はたくさんありますが、しっかりと建築物に組み込み、不快な雨や直射日光、外からの視線までを遮って居住性を高めるのが一級建築士・風間広大さん流。

お気に入りの椅子やデイベッドを置いて1日中過ごしたくなる理想のウッドデッキがここにあります。

詳しい記事はこちらから→「程よい距離の3世代同居。風と緑を感じるデッキで憩う

The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計500軒以上の住宅取材を行う。