【定額制注文住宅『ROMO』】小屋とウッドデッキで非日常を満喫

Hhouse-28
The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター・カメラマン。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計800軒以上の住宅取材を行う。

安心できる人柄に惹かれ、モリタ装芸に決断

2023年2月に訪問したのは、長岡市内の住宅街に立つH邸。こちらで20代後半のHさん夫婦と1歳のお子さんの3人が暮らしている。

さらに、奥様のおなかの中には赤ちゃんがいて、この春に誕生予定なのだそう。

Hhouse-01

2021年の年末に完成した住まいは、モリタ装芸の定額制注文住宅「ROMO」にウッドデッキと4畳の小屋を組み合わせ、中庭のような空間をつくっているのが特徴だ。

Hhouse-05

母屋と小屋に挟まれたウッドデッキは、都市の中につくられたポケットパークのような雰囲気を感じさせる。

「前は1LDKの賃貸アパートに住んでいましたが、妻が妊娠したのを機に家を建てることを決めました。アパートは日中でも照明を点けないと暗く居心地が悪かったですし、早めにローンを組んで早めに返し終えたいとも思っていました」とご主人。

Hhouse-57

「モリタ装芸さんは私が働いている長岡市内の飲食店の設計・施工をしていたので元々知っていました。お店のマネージャーもモリタ装芸さんで建てた家に住んでいて、その家が好きでマネしたいなと思い紹介して頂いたんです」(奥様)。

Hhouse-63

モリタ装芸長岡店の店長・樋宮僚(ひみやつかさ)さんと初めて会ったのは、完成見学会だったという。

「他社も見ていたんですが、最初の見学会で樋宮さんと話し、その人柄に惹かれお願いしたいと思いました。とても話しやすく、僕たちの要望をイチから聞いてくれたのもうれしかったですね。家は高い買い物なので信頼できる人から買いたいと思いましたし」とご主人は樋宮さんの第一印象を振り返る。

「その後、土地の購入の時の段取りもすごく良かったですし、スムーズに家づくりを進めることができました」(奥様)。

そんなHさん夫婦のROMO。どんなこだわりが詰め込まれているのか拝見させて頂いた。

Hhouse-46

テーマは…


記事全文は、株式会社モリタ装芸様のWEBサイト内で公開しています。

【定額制注文住宅『ROMO』】小屋とウッドデッキで非日常を満喫


H邸
長岡市
延床面積 115.94㎡(35.00坪)+小屋(2.00坪)
構造 木造軸組工法
竣工年月 2021年12月
設計・施工/株式会社モリタ装芸

写真・文/Daily Lives Niigata 鈴木亮平

The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター・カメラマン。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計800軒以上の住宅取材を行う。