株式会社スタイルハウスWEBコンテンツ「パリやバンクーバーのインテリアがモチーフ。ティールームでお気に入りの紅茶と共に」公開

Sanjo-Shimada_005
The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計500軒以上の住宅取材を行う。

株式会社スタイルハウス様のWEBサイトの「お客様の声」ページにて、Daily Lives Niigataで取材・制作させて頂いた記事「パリやバンクーバーのインテリアがモチーフ。ティールームでお気に入りの紅茶と共に」が公開されました。

Sanjo-Shimada_002-EDIT

2021年春に三条市内の古くからある住宅街に完成した洋風の住宅を訪ねました。

Sさん夫婦が暮らす新築の住まいですが、ユニークなのは玄関ポーチ横に設けられたテラスです。その奥には両開きのドアがあり、ドアを開放した様子はまるで別荘地の小さなカフェのようです。

Sanjo-Shimada_064

その中はタイル張りの半屋外空間になっていますが、奥様が結婚前に長期滞在していたカナダ・バンクーバーで働いていたパティスリーのティールームをモチーフにしたとのこと。

Sanjo-Shimada_028

家の中でありながら、非日常感に浸れるティールームとテラス。

スイッチを切り替えるように、プライバシーを高めたり外へと開いたり。

新婚旅行で訪れたパリのデザインを取り入れた寝室にもご夫婦の好きな世界観が表現されています。

Sanjo-Shimada_007

大切な旅の思い出を住まいの中に再現する。

それもまた自由設計の注文住宅の醍醐味と言えるでしょう。

詳しい記事はこちらからご覧ください。
→「パリやバンクーバーのインテリアがモチーフ。ティールームでお気に入りの紅茶と共に

The following two tabs change content below.

鈴木 亮平

新潟市在住の編集者・ライター(屋号:Daily Lives)。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影とコンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。累計500軒以上の住宅取材を行う。